病気について知る病気辞典

LOH(ロー)症候群

2011年5月19日

男性も年をとってきて、中高年といわれるような年代になってくると、女性と同じように更年期の症状が出てくることがあります。健康感の減少、不安、いらいら、うつ、不眠、性欲の減少、筋力低下、疲労感、ほてり、発汗、頻尿などの症状です。

原因はいろいろあります。なかでも、テストステロン(男性ホルモン)の低下が原因で、こういう更年期症状を有するものを、加齢男性性腺機能低下症候群、英語の頭文字をとってLOH症候群と呼んでいます。日本泌尿器科学会では、ガイドラインを作って、診断治療をしています。これらのLOH症候群の方にテストステロンの補充療法をすると、劇的に症状が改善する例があることがわかっています。

テストステロンは20歳代をピークに徐々に下がっていきますが、個人差があります。80歳の方が、20歳の方より高いということもあります。それは生活習慣にも関係があるようです。
LOH症候群を起こしにくい、望ましいライフスタイルというと、十分睡眠をとってストレスの無い生活をすること、そして、食生活に気をつけ、よく運動をして太りすぎないようにすることです。たばこも良くないといわれています。夫婦仲良くして、生活に満足感があることも大事です。