病気について知る病気辞典

「ことばのおくれ」について

2012年12月13日

就園、就学を前に、ことばのおくれについて心配している方も多いと思います。

ことばのおくれを心配する指標としては、一歳で指さしがない。一歳半で、意味のある単語がみられない。二歳で「ワンワン来た」「マンマ食べた」などのような二語文がない。三歳では、話そうとする内容に前後関係がなく、言語がコミュニケーションに使用されていない―とされています。

おくれの原因としては、
①耳のきこえが悪い
②ことばは理解しているけど発語ができない
③人(家族も含む)とのコミュニケーションがうまくできない(目をあわさない、話しかけるが聞こうとしないなど)
④発達全体におくれがある
⑤不適切な生活環境(テレビばかりみている、養育者がおとなしい・情緒不安・難聴がある等)
⑥発達の個人差
などがあげられます。

ことばのおくれ、発音がおかしい、たどたどしいなど気になることがあれば、就園、就学前にかかりつけの小児科を受診され、原因をはっきりさせておくことも大切です。
今のままで様子をみたらよいのか、ことばの相談室や言語訓練のできる施設へ相談したらよいのか、耳鼻科や発達専門医に診てもらう方がよいのかなど、不安を抱えたままにせず、ぜひ相談されることをおすすめします。