病気について知る病気辞典

アレルギーのお話

2013年3月28日

最近アレルギーの人が増え、日本人の3分の1が、何らかの症状を訴えています。皮膚、目、鼻や呼吸器などが主で、それぞれアトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、鼻炎、花粉症、気管支ぜんぞくなどと呼ばれています。

原因としては、近年の生活環境が問題となっています。例えば冷暖房により、部屋が密室状態に近くなり、病気の原因となるダニ、ハウスダスト、カビの増加をもたらします。他にも花粉、動物の毛、食物など、単独で原因になるものもありますが、多くは互いに影響し合い、病気を悪化させます。

では、どのように防げばいいのでしょうか?

まずは、身の回りの簡単な方法から始めましょう。
ホコリ、ダニの除去のため、
①部屋の掃除はまめに換気をしながら
②床はカーペットや畳よりフローリングを
③寝具は布団よりベッドを使用する
などが挙げられます。

また、食物アレルギーは、原因となる食材を特定することが大切です。なるべく食品添加物や防腐剤の少ない物を選ぶようにしましょう。

現在では「血液検査」だけで簡単にアレルギーの原因が分かります。気になる方はぜひ調べてみて下さい。

最後に、スギ花粉に加え、最近では中国から飛来する黄砂、有害大気物質(PM2.5)など深刻な問題もあります。
皆さん、天気予報には十分に注意して、部屋の換気や洗濯物に気をつけてください。また、外出の際にはマスクの着用に努めましょう。