病気について知る病気辞典

めまいについて

2015年4月23日

耳には、聴覚と平衡感覚をつかさどる「内耳」という組織があります。この内耳の異常によって、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などが起きることは、だいぶ知られてきました。しかし平衡感覚は、内耳以外にも視覚や足(筋や腱)からの深部感覚、そしてこれらを統合する脳から成り立っています。めまいの原因は他にも血圧の変動や低血糖、夏の熱中症や気分の落ち込みなどさまざまです。

めまい発作の時に受診することは難しいと思いますが、発作を過ぎてめまいが無くなってから受診すると、決定的な証拠や検査所見がすでに無くなっていることがしばしばあり、原因の特定が難しくなることも少なくありません。そこで、めまいで病院に受診する際のポイントを少し示したいと思います。

●強いめまい発作が起こった時、ある程度落ち着くまで安静にしてもほとんど問題ありませんが、激しい頭痛、手足や口がうまく動かせないなどの症状も起こしていれば救急受診が必要です。
●血圧・糖尿などの病気を治療中の人や脳神経外科に通院中の人は、まずかかりつけ医師に相談してください。
●受診前に、めまいのタイプ(回転性や浮動性など)と、めまいが軽くなった体勢があったかを思い出してください。
●耳鼻咽喉科では、特殊なレンズや赤外線カメラのゴーグルを装着し、めまいによる眼球の動きを検査します。これはコンタクトレンズを装着しない方が確認しやすいです。

適切な治療、指導を受けるためにご協力ください。