病気について知る病気辞典

のどのかわき

2015年10月29日

「口がカラカラにかわく」「つばがネバネバする」などが気になることはありませんか?もしかしたらそれは「口腔乾燥症」かもしれません。舌が痛い、食事がのみ込みにくい、口臭が強くなった、虫歯になりやすいといった症状が伴うこともあります。原因はさまざまですが、大きく三つに分けることができます。

一つ目は唾液(つば)が減っている場合です。唾液は耳下腺や顎下腺などの唾液腺で作られ、口の中に出てきます。その量は1日に約1.5リットルと言われていますが、その機能が弱くなる病気であるシェーグレン症候群、唾液の出る管がつまる唾石症、放射線治療による後遺症や外傷、薬の副作用などがあげられます。また、唾液は自律神経によって調節されますが、そのバランスが崩れる自律神経失調症や更年期障害、ストレスなどでも減ってきます。緊張すると口がかわくのもこの現象の1つです。

二つ目は唾液の量は正常でも、体が水分不足になっている場合です。糖尿病や腎臓病で尿量が増えている場合などがあります。

三つ目は唾液が口から蒸発しやすい場合です。鼻づまりやいびきなど、口を開けて呼吸することが多いと起こります。

「口がかわくから、いつもアメを食べています」という方が多いですが、アメの糖分でかえってネバネバが増強することもあります。治療法は原因によって異なるので、まずは医療機関に相談してみましょう。