病気について知る病気辞典

BFHについてご存じですか?

2016年2月25日

WHOとユニセフは、「母乳育児の促進のために、産科施設は特別な役割をもっている」という共同声明を発表し、「母乳育児成功のための10カ条」を推進しています。そして、これを実践する産科施設を「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」として認定しています。

母乳育児の素晴らしい点は、赤ちゃんにとって「下痢や消化器感染症、呼吸器感染症にかかりにくい」「ビフィズス因子が赤ちゃんの腸管の中で有益な細菌の繁殖を助け、有害な細菌の成長を阻止する」「リンパ球・マクロファージという生きた細胞が病気から守る」「免疫系、中枢神経系などの器官の発達を促す」「精神的、感情的、社会的発達がよくなる」「情緒が安定する」など数多くあります。

母乳を与えることは、赤ちゃんをじっと見つめること。母乳育児をしていくと、赤ちゃんはとてもうれしそうに喜んでくれます。「かわいいし、その喜ぶ顔を見るのがうれしい」それが育児の喜びとなり、赤ちゃんも安心してお母さんに抱かれます。そこから赤ちゃんに愛着が湧いてきます。赤ちゃんはお母さんを「栄養が豊富な母乳をくれるし、温かくて優しい声のこの人が一番信頼できる存在」と認識していきます。これこそが母と子の心の絆となっていきます。

出産の高年齢化などを背景に、さまざまな意味でハイリスク妊娠・分娩が増加してきており、BFHの果たす役割が大きくなっています。