病気について知る病気辞典

2種類の舌下免疫療法について~スギ花粉症とダニアレルギー

2016年4月28日

「舌下免疫療法」という治療法をご存じでしょうか。アレルギー性鼻炎の原因物質を長期間、少しずつ舌下から体内に取り込むことで治していく方法です。

現在、スギ花粉症とダニアレルギーの舌下免疫療法が保険適応となり、治療が可能となっています。両者ともアレルギーの原因物質を含む薬剤を、舌の下面に2分間保持して飲み込みます。最初は薄い濃度の薬から開始し、ある一定期間内に徐々に濃度を上げ、その後は同じ濃度の薬を約3年間、毎日継続します。その結果、約70%の方には有効で抗アレルギー剤の減薬や休薬が可能となりましたが、残念ながらその他の方には効果がありませんでした。

治療の注意点ですが、スギ花粉症の舌下免疫療法は治療開始時期がスギ花粉の飛散していない時と決められているため、1月から5月上旬までは治療を開始することができません。一方、ダニアレルギーの舌下免疫療法は治療開始時期に制限がなく、いつでも開始できます。また、薬剤の濃度を上げる期間に唇やのどが腫れる副作用が起こり得る事と、治療対象が12歳以上である点にも注意してください。さらに、舌下免疫療法の講習を受けた医師しか治療を行うことができません。

根治が期待できる治療法ですので、アレルギー性鼻炎でお困りの方は一度、かかりつけ医で相談することをお勧めします。