病気について知る病気辞典

切迫性尿失禁って聞いたことありますか

2017年3月2日

急に尿意を催して我慢できないことを「切迫性尿失禁」といいます。最近、テレビCMで見たという人もいるのでは?一般的には女性に多く、加齢に伴い患者数は増えるといわれています。

おしっこが漏れるということはなかなか言いにくいですよね。おしっこの問題で病院を受診する人は少なく、その数は患者の10%にも満たないという調査もあります。多くは、加齢や体質のせいだと思って病院に来られないのだと思います。しかしながら、おしっこが漏れることは生活の質を著しく低下させます。切迫性尿失禁のせいで外出を控えたり、毎日が憂鬱(ルビ:ゆううつ)な人もいます。おしっこの調子が改善すると生活も変わるかもしれません。

切迫性尿失禁に対しては、飲水を含めた生活指導やトレーニング(骨盤底筋体操や膀胱訓練)と薬による治療を行います。トレーニングといってもハードなものではありませんので、誰でも行っていただけます。薬も大きく分けて2種類で、効果と副作用のバランスを考えて処方します。良くなる人とそうでない人といますが、多くの人は治療で症状が改善できます。

「思い当たるけど言い出しにくいな」と思っている人は“少し”勇気を出して、近くの泌尿器科へ相談してみてはいかがでしょう。泌尿器科へ行くことに抵抗がある人は、かかりつけの先生に相談してみるのもいいかもしれません。

その尿漏れ、治るかもしれません。