病気について知る病気辞典

あなたの気になる病気や症状を
松山市医師会の専門の医師がわかりやすく解説します。

月経異常と受診のタイミング

「生理」は医学用語では月経と呼びます。月経が正しくあるかどうかは女性にとって大切な健康のバロメーターです。 正常な月経の条件は周期が25~38日の範囲、量は20~140mlで、多い日でもナプキンは2時間以上は持つ、持続期 […]

2016年12月24日

ストレスと病

私は29年間漢方医療に関わっています。開院した頃は、更年期障害、アレルギー疾患、急性腰痛などの患者さんが多かったのですが、高齢化と便利社会の発展に伴い、慢性の痛み、生活習慣病、体力減退などが増えてきました。 最近、患者さ […]

2016年12月22日

バセドウ病のアイソトープ治療

バセドウ病は、甲状腺が甲状腺ホルモンを過剰に作ってしまい、新陳代謝が活発になり過ぎてしまう病気です。 バセドウ病の治療には、①内服治療、②手術、③アイソトープ治療、があります。通常は、甲状腺の働きを抑える薬を内服する内科 […]

2016年12月15日

うつ病を良くするには、どうしたらいいですか?

自分でできることはないですか? うつ病の治療で重要なのは、まず診断です。憂うつな気分が続き、興味や喜びが喪失するうつ状態を示す病気は、適応障害、双極性障害、気分変調症、認知症など、うつ病以外にもたくさんあります。それぞれ […]

2016年12月10日

しいたけ皮膚炎

原木栽培の生しいたけは、春と秋に旬を迎えます。網焼きやバター焼き、そして鍋、フライ、炒め物など、楽しみ方にもいろいろありますが、食べた後に皮膚炎を起こすことがあり「しいたけ皮膚炎」と呼ばれています。 しいたけ皮膚炎は、食 […]

2016年12月8日

赤ちゃんとお母さんを感染から守ろう

正しい知識を身につけましょう 風疹、B型肝炎、トキソプラズマなどの微生物は、妊娠中や分娩中、産後に、お母さんから赤ちゃんに感染して、生後まもなく病気になることがあります。 日本周産期・新生児医学会と日本産科婦人科学会では […]

2016年12月7日

「痛風」は生活習慣病の一つです

原因、及び治療方法をご紹介します 今年の夏は例年以上に高温が続き、脱水状態から痛風発作で来院される患者さんが多かったような印象を受けます。痛風発作は発症から1~2週間も経過すれば嘘のようにいたみが消失してしまうので、本格 […]

2016年12月3日

はやり目とは?

結膜は、まぶたの裏側と白目の表面を覆う薄い透明な膜で、異物や病原体が侵入するのを防ぐ働きがあります。結膜炎は、結膜に起きる炎症のことで、原因には細菌やウイルスなどの病原体や、花粉やハウスダストによるアレルギーがあります。 […]

2016年11月24日

ニキビは皮膚科できれいにしましょう

あなたの手当てはどこが間違っているのか、ご紹介します ニキビは思春期には殆どの方にできますが、12歳でも30歳になってできても憂鬱なものです。鏡に映る1個のニキビも気になって触ったり、爪でつぶそうとしてしまいがちです。 […]

2016年11月19日

ノドの違和感

ノドのつまり感や「何かひっかかっているよう」といった症状を訴える状態を咽喉頭異常感症といいます。 その原因としては、咽喉頭炎(ノドの炎症)、慢性扁桃(ルビ:へんとう)炎や咽頭の知覚神経の過敏、慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿) […]

2016年11月17日