関連事業訪問看護ステーション松山市医師会

伝えたい気持ちと看護がここにあります。

「訪問看護ステーション松山市医師会」は、訪問看護師が医師の指示のもとご家庭を伺い、健康状態のチェックや必要な看護・診療の補助などを行います。
住み慣れたご家庭や地域の中で安心して療養生活を送られるよう、お一人お一人の生き方をお支えします。

基本理念

  • 私たちは松山市医師会の理念のもと、利用者さまがその人らしい療養生活を送られるよう支援します。
  • 利用者さまのかかりつけ医と連携をはかり、専門スタッフがご自宅までお伺いし必要な医療介護サービスを提供します。
  • やすらぎ・ほほえみ・希望を利用者さまやご家族の方々と共感していけることが私たちの願いです。

サービス内容

自宅で療養される方が安心して療養生活をおくれるように、主治医の指示により訪問看護ステーションの看護師等が定期的に訪問し、必要な処置を行い在宅療養の援助を行います。また、必要に応じて理学療法士や作業療法士が訪問しリハビリテーションを行います。

  • 病状・健康状態の観察
  • ターミナル(終末期)ケア
  • 清拭・洗髪等による清潔の保持
  • 認知症患者の看護
  • 食事及び排泄等日常生活の世話
  • 療養生活や介護方法の指導
  • 褥瘡の予防・処置
  • カテーテル等の管理
  • リハビリテーション
  • その他医師の指示による医療措置

ご利用できる方

病気・けが・加齢などによる在宅療養者で、かかりつけの医師が訪問看護を必要と認めた方です。(年齢による制限はありません)

例えば

  • 脳卒中の後遺症などのために寝たきり状態になっている方
  • 退院後も引き続き自宅療養や医療処置を行う必要のある方
  • リハビリテーションが必要な方
  • 難病やがんなどで自宅療養をなさりたい方
  • 認知症などのためにご家族の療養支援が困難な方

訪問日・訪問時間

月曜日~金曜日 9:00~17:00
休業日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

24時間体制について

利用者さまが安心して在宅療養を送られるよう、訪問時間外であってもお急ぎの場合お電話いただきますと連絡がとれるようになっています。

ご利用料金

医療保険または介護保険で国が定める金額が基本になります。

医療保険(後期高齢者医療等)の場合 ご加入の医療保険の負担割合に応じた額となります。
介護保険の場合 介護保険利用料の負担割合に応じた額(下記料金の1割~3割)となります。
ただし、介護保険給付の支給限度額を超えてサービスを利用する場合、超えた金額の全額を負担いただきます。

例えば、 介護保険利用で1割負担の場合、
30分以上1時間未満の所用時間で週1回(月4回)の訪問看護を利用すると、
自己負担額は 訪問看護料:821円 × 月4回 = 3,284円 となります。
(他に時間外や緊急対応などが必要な場合には加算があります)

下記、利用料金表をご参照ください。

介護保険適用の場合

自己負担額は、介護保険利用料の負担割合に応じた額(下記料金の1割~3割)となります。

(1)基本利用料

看護師による訪問の場合

1回当たりの所要時間 基本利用料
訪問看護 介護予防訪問看護
20分未満 3,130円 3,020円
20分~30分未満 4,700円 4,500円
30分~1時間未満 8,210円 7,920円
1時間以上 11,250円 10,870円

※准看護師の場合は、上記基本料の100分の90に相当する金額となります。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問の場合

基本利用料
訪問看護 介護予防訪問看護
1回につき(1回当り20分) 2,930円 2,830円

※1日に2回を超える訪問看護を行った場合、訪問看護の場合は1回につき100分の90、介護予防訪問看護の場合は1回につき100分の50に相当する金額となります。
またこれらの訪問においては看護業務の一環であり、看護師の代わりに訪問することとなっております。

(2)加算料金

基本利用料とは別に、介護保険法の算定要件を満たす場合には下記の料金が加算されます。

加算の種類 加算額
複数名訪問看護加算Ⅰ
(2名の看護師が同時に訪問看護を行う場合)
(30分未満)2,540円
(30分以上)4,020円
複数名訪問看護加算Ⅱ
(看護師と看護補助者が同時に訪問看護を行う場合)
(30分未満)2,010円
(30分以上)3,170円
90分以上の訪問看護を行う場合(※1) 3,000円/回
緊急時訪問看護加算 5,740円/月
特別管理加算Ⅰ(※2) 5,000円/月
特別管理加算Ⅱ(※3) 2,500円/月
初回加算 3,000円/月
退院時共同指導加算 6,000円/回
看護・介護職員連携強化加算 2,500円/月
看護体制強化加算 3,000円/月
ターミナルケア加算(※4) 20,000円
サービス提供体制強化加算Ⅱ 30円/回
早朝加算・夜間加算 基本利用料の25%を加算
深夜加算 基本利用料の50%を加算
※1
特別管理加算の対象者
※2
在宅悪性腫瘍患者、在宅気管切開患者指導管理を受けている状態や気管カニューレ・留置カテーテルを使用している状態にある方
※3
在宅酸素療法指導管理を受けている状態や真皮を越える褥瘡の状態等である方
※4
死亡日及び死亡日前14日以内に2日以上ターミナルケアを行った場合

(3)交通費(介護保険以外の費用)

松山市(旧北条市、島しょ部は除く)以外の場合、下記の交通費がかかります。

片道5~20km 500円
20km以上 1,000円

医療保険適用の場合

自己負担額は、ご加入の医療保険の負担割合に応じた額となります。

訪問看護基本療養費

週3日まで1日につき 週4日まで1日につき
(Ⅰ) 看護師・理学療法士・作業療法士 5,550円 6,550円
准看護師 5,050円 6,050円
悪性腫瘍専門訪問看護料 12,850円(月1回を限度)
(Ⅱ)
※1
看護師・理学療法士・作業療法士 2,780円 3,280円
准看護師 2,530円 3,030円
悪性腫瘍専門訪問看護料 12,850円(月1回を限度)
(Ⅲ) 外泊中の訪問看護に対し算定(※2) 8,500円
※1
同一建物居住者で同一日3人以上の訪問、2人までは訪問看護基本療養費(Ⅰ)と同じ
※2
入院中に1回(別に厚生労働大臣が定める疾病等は2回)に限り算定可能

(2)訪問看護管理療養費

月の初日の場合 7,440円
月の2日目以降の訪問の場合 3,000円

(3)加算など

緊急時訪問看護加算(1日につき) 2,650円
難病等複数回訪問加算 1日2回 4,500円
1日3回以上 8,000円
長時間訪問看護加算(90分を越える場合)※1 5,200円
乳幼児加算(3歳未満) 1,500円
幼児加算(3歳以上~6歳未満) 1,500円
複数名訪問看護加算 ※2 看護師等の場合 4,500円
准看護師の場合 3,800円
看護補助者の場合 3,000円
夜間(18:00~22:00)・
早朝訪問看護加算(6:00~8:00)
2,100円
深夜(22:00~6:00)訪問看護加算 4,200円
24時間対応体制加算(月1回) 6,400円
退院時共同指導加算(1回、がん末期等は2回)
更に特別管理指導加算 ※3
8,000円
2,000円
退院支援指導加算(退院日の訪問) 6,000円
在宅患者連携指導加算(月1回) 3,000円
在宅患者緊急時カンファレンス加算(月2回) 2,000円
特別管理加算 ※4 5,000円
※5 2,500円
情報提供療養費(1月につき) 1,500円
ターミナルケア療養費 1 ※6 25,000円
2 ※7 10,000円
※1
1) 特別管理加算の対象者
2) 特別訪問看護指示書 による訪問看護
3) 15歳未満の超重症児又は準超重症児
※2
1) 厚生労働大臣が定める疾病等
2) 特別訪問看護指示書による訪問看護
3) 特別管理加算の対象者等
※3
※4、※5の対象者
※4
1) 在宅悪性腫瘍患者指導管理もしくは在宅気管切開患者指導管理を受けている状態にある方
2) 気管カニューレもしくは留置カテーテルを使用している状態にある方
※5
1) 在宅自己潅流指導管理、在宅血液透析指導管理、在宅酸素療法指導管理等を受けている状態にある方
2) 人工肛門又は人工膀胱を設置している状態にある方
3) 真皮を越える褥瘡の状態にある方
4) 在宅患者訪問点滴注射管理指導料を算定している方
※6
在宅または特別養護老人ホーム等で死亡日及び死亡日前14日以内に2回以上訪問看護を実施し、支援体制を家族に説明した場合
※7
特別養護老人ホーム等で看取り介護加算等を算定している利用者の場合

(4)その他

交通費(訪問1回につき一律) 250円
営業日の90分を越える訪問看護:90分を越えて30分毎
(長時間訪問看護加算対象者以外の方)
1,000円
日祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日):1時間毎 1,500円

お申し込み・お問い合わせ

訪問看護ステーション松山市医師会

所在地:〒790-0014 松山市柳井町2丁目85
電話:089-915-7705
FAX:089-915-7715

その他のお問い合わせ先

かかりつけ医、 各地域の「居宅介護支援事業所」、「地域包括支援センター」

個人情報の取り扱いについて

個人情報保護法に基づいてサービスを提供しています。

訪問介護が開始になるまでの流れ