学科案内

3つのポリシー:第2看護学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

第2看護学科で学ぶ学生には、次のような人を望みます。

  1. 高等学校又は中等教育学校を卒業した准看護師又は最終学歴が中学校卒業で准看護師免許取得後 3年以上業務に従事している准看護師で、看護師資格の取得を目指す人。
  2. 看護師として活躍していくためのコミュニケーション能力を身につけている人
  3. 他者に関心を持ち、多様な価値観を持つ人を尊重することができる人
  4. 安定性、協調性があり、周囲の人々と良好な関係を保つことができる人
  5. 仕事や子育てをしながら学ぶ人
  6. 看護師として、松山市、愛媛県周辺の地域医療に貢献できる人
  7. 主体性を持って学ぶ力を発揮・探究・継続していく姿勢を持っている人

ディプロマ・ポリシー(卒業認定の方針)

第2看護学科では、次の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、専門士の学位を授与します。

  1. 生活者としての人間を統合された存在として多角的に捉えることができる。
  2. 人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重した判断および行動をすることができる。
  3. 人々の多様な価値観を認識して、専門職業人としての共感的態度および倫理に基づいた看護を実践することができる。
  4. 看護の対象となる人々の健康状態を判断し、科学的根拠に基づいた看護を実践することができる。
  5. 保健・医療・福祉チームの一員として多職種の連携・協働を図り調整的役割を果たすことができる。
  6. 松山市および愛媛県周辺の地域医療への理解を深め、地域の人々の生活を尊重・支援することができる。
  7. 自己の資質向上のため、看護に対する探究心・向上心をもち、主体的に学び続けることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1.教育課程の編成と教育内容

第2看護学科のカリキュラムは、准看護師資格を有している方が、3年間(昼間定時制)で看護師として必要な主要科目を学年進行に従って専門性を深めることができるよう講義や演習、実習を通して学びます。具体的内容は下記に記します。

基礎分野は専門基礎分野、専門分野の基礎、専門基礎分野は、専門職業人として、専門分野Ⅰ・Ⅱ、統合分野の看護を学ぶ上での土台として修得します。

専門分野Ⅰの基礎看護学は、各看護学及び在宅看護論の基盤となる基礎的理論や基礎的看護技術を修得します。

専門分野Ⅱでは、全てのライフサイクルにある人を看護の対象と考える母性看護学と精神看護学を基盤とし、成長発達段階として小児看護学、成人看護学、老年看護学を修得します。

統合分野では、基礎分野から専門分野Ⅱにおいて学習した内容を臨床実践で活用するための内容とし、専門分野Ⅱを包括できる内容や卒業後も主体的に自ら学び続けることができる基礎的能力を修得します。

2.教育方法

准看護師養成校で履修した知識に意味づけをし、科学的根拠に基づいた看護実践の基礎的知識を養う目的で、対象の個別性にあわせた看護が展開できるよう、演習を強化したカリキュラムとしています。また、准看護師免許取得直後に就労する方が多いので、現場での体験を活用しながらエビデンスに基づいた看護実践を構築できる内容としています。

1年次は、基礎分野の「科学的思考の基盤」、「人間と生活・社会の理解」では、対象を社会で生活する人間の理解、科学的思考能力、人間関係能力、コミュニケーション能力、さらに高度情報化に伴うグローバル社会に対応できる能力を養う科目等を学習します。

また、専門基礎分野の「人体の構造・機能」では、自然治癒力を備えている人間の人体を系統立てて理解し、「健康支援と社会保障制度」では、地域における関係機関等との連携、関係職種と協働できる能力の基礎となる知識を学習します。

専門分野Ⅰ「基礎看護学」では、看護の基礎的理論から看護の対象理解、基本となる看護技術、看護者としての倫理的感性などを学び、基礎的知識・技術・態度を習得していきます。

2年次は、専門基礎分野の「疾病の成り立ちと回復の促進」で、人間の健康および健康障害に関する基礎知識を学習します。

そして、専門分野Ⅱ、統合分野の「在宅看護論」では、専門分野Ⅰを基盤に身体的および精神的成長発達を主軸とした各看護学の対象の健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、安寧な死、苦痛の緩和など健康上の課題に応じて、人々が健康的な生活を営みその人らしく生きることを支援できる能力、看護における観察力、判断力を習得していきます。また、他職種との連携・協働の中での看護の役割を理解し、看護実践できる基礎的能力を習得していきます。

さらに、基礎看護学で学んだ知識・技術を「基礎看護学実習」で、理論と実践を結びつけ、各看護学の土台として実践できる能力を習得していきます。

3年次は、講義で学んだ知識・技術をもとに、各看護学の臨地実習で、看護が実践されている場での体験を通して、学びを構築し看護実践能力を習得していきます。さらに各看護学の集大成として「統合実習」では、全科目をとおして学んだ知識・技術を統合して、流動的な臨地で看護専門職業人としての役割を自覚し、他職種との連携・調整を行うことができる看護実践能力を習得します。また、統合分野の「看護の統合と実践」では、災害看護や国際協力への対応、あらゆる対象や状況に応じた看護のマネジメントと実践、看護管理の基礎的能力を学習します。そしてすべての講義演習、実習終了時には、看護技術の総合評価を行い、基礎的能力の習得を自己評価できる演習を行います。このような学習をとおして、自己の看護をふり返り、常に研究的視点を持ち続け、自己研鑽・生涯学習の礎を習得していきます。